2020年06月17日

エアコンリフレッシュで暑い日を快適に

気温の上昇とともに5月中旬頃からエアコンに関するご相談やお仕事が増えてきました。それにしたがい、昨年に導入したエアコンマシンECOTECHNICS ECK TWIN-PROの稼働も増えてきました。
このTWIN-PROは従来のエアコンガス規格HFC-134aはもちろんのこと搭載車が増えてきている新規格のエアコンガスであるHFO-1234yfにも対応しております。先月は1234yfのエアコンシステム搭載のマツダ MAZADA3にもエアコンリフレッシュを作業させていただきました。

暑い日が続く中、エアコンからの風が全く冷えないとの理由でエアコンリフレッシュのお仕事をいただきました。

20200617A.jpg 20200617B.jpg
20200617C.jpg 20200617D.jpg
今回の作業する車両はVOLVO S40になります。外気温は31.7℃で吹き出し口の温度は40.8℃と全く冷えていません。診てみるとコンプレーサーは稼働していますし、エアコンシステム不具合がなさそうです。エアコンのガス量の不足が原因と考えられます。このS40のエアコンガスの規定量は530gとなっています。

20200617E.jpg 20200617F.jpg
20200617G.jpg 20200617H.jpg
S40にエアコンマシンを接続します。車両からエアコンガスを抜いていきます。抜き終わったら回収したエアコンガスに含まれるコンプレッサーオイルや不純物を分離をしてエアコンガスのリフレッシュ(再生)をします。
次の工程では真空引きを行います。真空引きをすることでエアコンの配管内の水分を除去します。真空引き終了後にエアコンガス漏れの点検を行います。*ガス漏れが分かった場合には作業を中断し不具合の修理となります。

20200617I.jpg 20200617J.jpg
20200617K.jpg 20200617L.jpg
20200617M.jpg 20200617N.jpg
真空引き及びガス漏れチェックの後は、コンプレッサーオイル・蛍光剤及び規定量の134aガスを充填します。最後にバルブコアの漏れチェックをして作業終了です。作業結果はプリントアウトされます。今回のVOLVOは規定量530gに対して回収したエアコンガスは41gで不足量は489gと大幅に不足していました。

20200617O.jpg
施工終了後、吹き出し口の温度を測ると3.1℃の風が出るようになりました。出来過ぎのような冷えになり、「とても冷たい風が出るようになった」とお客様に大変喜んで頂けて一安心。

この度はお仕事を頂き有難うございます。
posted by 太陽自動車 at 08:39| Comment(0) | 整備・修理

2019年12月06日

S60のドライブレコーダー取り付け

昨今の交通トラブルの報道が多くなるに比例してドライブレコーダー取り付けのお仕事をいただく機会が増えてきました。
20191206A.jpg
今回、VOLVO S60のオイル&オイルフィルター交換とドライブレコーダーの取り付けのお仕事を頂きました。

20191206B.jpg 20191206C.jpg
20191206D.jpg 20191206E.jpg
ドライブレコーダーを取り付ける前にまずはオイル交換。オイルフィルターも交換時期になりましたので同時に交換作業をします。使用するオイルはUnilopal社のOPALJET24Sを使用しました。
OPALJET24SはAPI規格SN / CF及びACEA(欧州自動車工業会)A3 / B4を取得し、さらに【VW 502.00/505.00】【MB 229.3】【PORSCHE A40】【 RENAUT RN 0700/0710】などのメーカー承認も取得しております。また【BMW LL-98】【FIAT 9.55535-H2/M2/N2/Z2】【PSA B71 2296】などの推奨スペックも有しております。
弊社のご贔屓様の良い評判も頂いており、上記のようにスペック的には申し分ないので弊社のスタンドオイルの一つとして取り扱っております。

20191206H.jpg 20191206I.jpg
20191206J.jpg 20191206K.jpg
ドライブレコーダーはPioneer製のVREC-DZ300を取り付けました。(現在、在庫としてPioneer製及びCOMTEC 製のドライブレコーダーが有ります。お客様に純正ドライブレコーダーのようなデザインのこちらを選んで頂きました。)取り付け位置に注意をしながら配線を目立たぬよう隠しながら取り付けをしてお仕事終了です。

この度はお仕事を頂き、有難うございます。
タグ:Volvo Unilopal
posted by 太陽自動車 at 22:17| Comment(0) | 整備・修理

2019年08月25日

VOLVO V50 エアコンリフレッシュ

先日、導入しましたSNAP-ON CLIMATE SOLUTIONS社の 「ECK TWIN PRO」を使用してエアコンリフレッシュ作業のお仕事をいただきました。
20190825A.jpg 20190825B.jpg
エアコンリフレッシュを行うお車はVOLVO V50。外気温は8月下旬ですがまだまだ暑い32.6℃です。

20190825C.jpg 20190825D.jpg
まずはじめに施工前の吹き出し口の温度を測定します。外気温が30℃越えなので現状でもそこそこ冷たく感じる温度です。
ボンネットを開くとエアコンについてのコーションラベルが貼ってあるので適正エアコンガス量を確認します。エアコンガスの適正充填量は530gとなります。

20190825E.jpg 20190825F.jpg
エアコンマシンを車両にセット。そしてエアコンマシンのモニターには「134a」と「1234yf」の選択画面がありますので「134a」を選択します。このエアコンマシン『ECK TWIN PRO」は最近発売された新型RAV4や新型タントなど採用される車種が増えてきている新規格のエアコンガス「1234yf(HFO–1234yf)」にも対応しておりますので1234yfのエアコンを搭載した車両でもエアコンリフレッシュ作業が可能です。

20190825G.jpg 20190825H.jpg
20190825I.jpg 20190825J.jpg
エアコンガスの規定量やコンプレッサーオイルの充填量をエアコンマシンにセットして作業開始!まず車両からエアコンガスとコップレッサーオイルを抜いていきます。この作業が終わると真空引きをします。同時にエアコンガス漏れの点検も併せて行います。エアコンガス漏れがなければ、リフレッシュされたエアコンガスと不足分のエアコンガスを適正量に充填します。最後にバルブコアの点検をして作業終了となります。

20190825K.jpg 20190825L.jpg
作業結果はこのようにプリントアウトされます。適正エアコンガス充填量530gに対して回収したエアコンガス量は479gで不足エアコンガス量は51gと分かります。エアコンリフレッシュ作業の結果9.2℃から6.9℃になり、作業前と比べると2.3℃下がりました。エアコンガスが適正量になったことによる冷却能力の向上や新コンプレッサーオイルを充填することでコンプレッサー負担軽減になり「予防整備」としても有効です。

今年の夏もあと僅かですが、厳しい残暑でも快適な運転環境になると思います。この度はお仕事をいただき有難うございます!
posted by 太陽自動車 at 21:59| Comment(0) | 整備・修理

2019年07月30日

S60ブレーキプレッシャセンサーの不具合

VOLVO S60にお乗りのお客様からチェックランプとメッセージが出たので観て欲しいとお仕事を頂きました。

20190730A.jpg 20190730B.jpg
現車を確認するとチェックランプ点灯と「スベリドメ ハヤイジキニ テンケンヒツヨウ」の文字が。早速、診断機に繋いでみます。

20190730C.jpg 20190730D.jpg
診断機に繋いでフォルトコードを拾ってみると、ブレーキプレッシャセンサー不具合のコードが入っています。テストパーツを使用して点検してみるとやはり原因はブレーキプレッシャーセンサーで間違えがないみたいです。DSTCを搭載している車両はセンサーの不具合がそこそこ起きます。なので数は多くありませんが海外より取り寄せた純正品を在庫として持っているので時間がかかることなく交換できました。

20190730E.jpg 20190730F.jpg
交換後、フォルトコードを消しロードテストを行いました。チェックランプが再点灯せず診断機に繋いでみるてもフォルトコードを拾わないのでお仕事完了です。

この度はお仕事頂き有難うございます。
タグ:Volvo
posted by 太陽自動車 at 22:02| Comment(0) | 整備・修理

2019年04月15日

ETCの電源消失

ボルボXC60をお乗りのお客様より高速道路のゲートが開かず、見てみるとETCに電気が来てないみたいなので診て欲しいと来社いただきました。
20190415A.jpg 20190415B.jpg
現車を確認するとETCの電源ランプがついていないので、ETC本体が仕事を放棄しています。ETC本体の故障か電源ゲーブル関連の不具合のどちらかが考えられます。取り敢えず、ETC本体まで電気が来ているか確認します。

20190415C.jpg 20190415D.jpg
ETCはPanasonic製。Panasonic製はバッテリー電源とアクセサリー電源の2つを使用しているのがほどんどです。各電源をテスターで観てみるとバッテリー電源コードの方は通電していますが、アクセサリー電源コードの方は通電していません。アクセサリー電源系に不具合がありそうです。

20190415E.jpg 20190415F.jpg
過去にパワーアウトレット(シガーソケット)がショートしてしまい、ヒューズが切れてしまった事例を思い出だしました。お客様に最近スマホ等の充電などでパワーアウトレットを使用したかをお聞きしましたが、使われてないとの回答でした。パワーアウトレットに電気が来ているか調べると、来ていないのでヒューズ切れの原因が濃厚です。

20190415G.jpg 20190415H.jpg
パワーアウトレットのヒューズを確認すると、やはりヒューズ切れ。ヒューズを新しいものに交換してETCを確認すると電源ランプが点灯し、ETCが仕事に復帰しました。

20190415I.jpg
今回は充電器等をパワーアウトレットで使用していないのに、なぜヒューズが切れたのか?

推測ですが…
通常写真(写真は別のXC60)のようにシガー・アクセサリーポートプラグ(蓋)が付いています。しかし現車はこのポートプラグがないことから何かの金属がパワーアウトレット内に入ってしまいショートしたのではないかと考えられます。

お客様にパワーアウトレットを使用しないのであればポートプラグ使用していただくようお願いをしてお仕事を完了しました。この度はお仕事をいただき、有難うございます。

このブログを読んだお客様も金属のポート内誤侵入やお子様のいたずら防止等に有効ですので、アウトレットを不使用の場合はアクセサリーポートプラグを使用して下さい!
タグ:Volvo
posted by 太陽自動車 at 20:17| Comment(0) | 整備・修理