2019年08月22日

暑い夏の切り札

近年、酷暑という言葉をよく耳にするようになりました。暑い夏に快適な車内空間を創造する為にSNAP-ON CLIMATE SOLUTIONS社のECOTECHNICSブランドの全自動エアコンマシンECK TWIN PROを導入しました。
この機種は現在一般的であるHFC–134aのエアコンガスだけでなく、最近採用される車種が増えてきている新規格のエアコンガスHFO–1234yfにも対応しております。また、絶縁性のないガソリン・ディーゼル車に使用されるPAGオイルとEV・ハイブリッド車に使用されるPOEオイルのどちらにも対応しております。
20190822A605.jpg

エアコンマシンは国内外の各メーカーが様々な機種が出ています。弊社がECK TWIN PROを導入した理由はオイルセパレータが蒸留分離式を採用していることです。この蒸留分離式はエアコンガスを高純度で再生することが可能になります。またHFC–134aとHFO–1234yfの2系統の完全分離システム採用なのでエアコンガスの混合の心配がなく、切り替えともなうガスの損失もないといった確実性の高い作業性も魅了でした。

作業内容は次の通りになります。車両からエアコンガスを回収し、ガス内に含まれている水分や不純物を取り除くことでガスをリフレッシュ(再生)させます。その後に真空引きとガス漏れチェックをします。ガス漏れがない時には車種ごとに設定されている適正充填量のエアコンガス(リフレッシュさせたガス+不足分量)と新コンプレッサーオイルやオイル添加剤(お客様の要望で蛍光剤も追加可能)を充填します。最後にバルブコアのチェックをして完了となります。弊社では現在コンプレッサーオイル添加剤は「Bardhal ACフラーレンC60」と「WAKO'S パワーエアコンプラス」を現在常備在庫として取り扱っております。エアコンリフレッシュ時に充填いただける場合はセット料金としてお値引きいたします。
20190822B.jpg 20190822C.jpg

エアコンリフレッシュサービスを行うことで冷却機能の向上はもちろんのこと、エアコンガスの適正化や新コンプレッサーオイル・オイル添加剤充填をすることでコンプレッサーの負担軽減によるエアコンシステムへの予防整備としての一面も併せ持っております。
 
「エアコンリフレッシュサービス」を是非お試し下さい。
【整備機器・工具・診断機の最新記事】
posted by 太陽自動車 at 23:38| Comment(0) | 整備機器・工具・診断機
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。